Profile



遥 美沙樹(はるか みさき)

 

・セクシュアリティ研究家
・性カウンセラー
・日本性科学会 会員

・サイキックリーダー(リーディング・チャネリング)
・占い師(タロットカード・西洋占星術)

・株式会社フロー代表取締役

 

北海道出身・1999年より東京在住。未婚。

 

セクシュアリティ研究
1999年より特殊性風俗(※注1)の世界に入る。
男性の直腸、肛門が女性器のように感じることを知り、研究を始める。
同時期、緊縛の勉強と研究も始める。

結果、
男性でありながら女性の絶頂サイクルを体感できる、
独自の直腸開発を完成(※注2)させた。
これによって射精を伴わない絶頂感を、
何度も何度も行える体質に変化させることに成功させた。

また男性の直腸内には複数箇所の、全く別感覚の性感帯があり、
それらを意図的に開発出来る技術、
また女性器の「名器」と呼ばれるタコツボの特性を、
男性の直腸内に記憶させ、
まさに名器を意図的に開発出来る技術を発見した(※注3)。

 

また最近では、
女性の絶頂感覚を記憶させるだけに留まらず、
男性の前立腺小室(男性子宮)を覚醒させ、
直腸内を膣のような感触と、ほぼ膣と同じ反応をさせるまでに至っている(※注4)。

そして現在は、
男性のS状結腸近くにあるコールラウシュ襞の開発に取り組んでおり、
さらに奥深い絶頂を記憶させることで、
男性の体内に女性意識を芽生えさせることに着手している(※注5)。

これにより、
加齢とともに感覚が鈍くなった内臓であっても、
また何らかの理由で前立腺に支障がある男性であっても、
差異なくアナル開発が可能となった。

1999年以来、
既に10000人以上の男女とのセッション歴があり、
8000人以上の男性の直腸を開発完了させている。

 

性カウンセリング
性同一性障害などで、恋人と性交渉に支障が起きているカップルや、
セックスレスによる夫婦間の問題を多数に渡り解決している。
男性性嫌悪症を得意としている。

 

その他
DNAの性別が女性であることから、
男性は女性の亜種ではないかという仮説を立ち上げ、
男性の心身に起こる変化を観察するための研究所も設立している。

 

サイキック能力
3歳のころに実父の事故を予言し、サイキック覚醒。
以来、目に見えない存在、しかしいわゆる霊ではなく、死神だったり妖怪だったり、魔物をよく見るようになる。
通常の生活に支障がでることを懸念し、実母が7歳の頃に封印、
以来、中学生の頃にコックリさんやタロットカードを手にするまで普通の子供だった。
中学2年の頃、貰い物のタロットカードで遊び半分で友人を占った結果、何度やっても同じ位置に同じカードが出ることから、
怖くなって学校の焼却炉に投げ込むも、そこから再び奇妙なものを目にするようになる。

以来、他人の嘘を見抜けたり、死期が近い人間が解ったり、スピリットガイド(※注6)と話が出来るようになる。
しかしそれまでは霊感が強い程度でやりこなし、本格的な学びは何もしなかった。

2009年
なにかに導かれるように世界に7つしかないミステリースクール(※注7)の扉を叩き、形而上学 、神殿魔術(※注8)などを学ぶ。
その後も特に人間の下半身をスキャニングし、活性化できる能力を訓練し、
現在も様々な方向で使用されている。

現在は占い師として個別鑑定は差し控えている。

 

※注釈
1.特殊性風俗:サービスする側が脱いだり触らせたりしない風俗。コミュニケーション能力、技術力が求められる。
2.メスイキ開発という名称で認識されているが、ドライオーガズムとは異なる。
3.女性名器のタコツボは先天性のものではなく、意識的に体内に記憶させることができ、これによってアナルSEX時に感じる空洞感をなくし、締め付け、奥へ引っ張り込む運動を直腸ができるようになった。
4.膣化開発という。元に戻るかは定かではない。
5.インナースリット開発という。これによって女性特有の排卵期や生理前に起こる「疼き」を記憶させることも可能となり、より女性の快楽サイクルを再現することが可能となった。
6.スピリットガイド:一人の人間のつき20名以上いる守護霊の中でもトップクラスの4名をこう呼ぶ。
7.ミステリースクール:秘密結社とは異なる。主にスピリチュアル、哲学、宗教学、魔術などを学ぶ機関。
8.神殿魔術:召喚魔術とも言う、高次元の存在を召喚し目的を果たす魔術、大勢の訓練済みのスピリチュアリストが必要。

 

SNS
遥 美沙樹Twitter
B面:遥 美沙樹Twitter
遥 美沙樹Instagram
遥 美沙樹note
遥 美沙樹filmakers

・セクシュアリティ研究所:AZOTH
・プロデュース店:東京アナルクリニックTABOU(R18)