2019-01-17

遥 美沙樹とのセッションをご検討中の方へ


たくさんのお問い合わせを有難いことに頂いておりますので、
ここらできちんとした文章を残しておこうと思います。

 

TABOUに於いて私とのセッションをご希望いただくのですが、
2018年3月いっぱいで私はTABOUを退いております。

 

理由は、私が次のステップであるAZOTHでの開発研究に進みたいということと、
「どうしても私でなくてはならない理由」が見当たらなくなったからなのです。

 

私がもつ知識、技術は、現存のキャストたちにすべて渡してあります。
それでも私でなくてはならない理由がなにかおありでしたら、
個人的にご一報いただければと思います。
残念ながらTABOUの窓口でねばられても応じることができません。

 

確かに、セッションのやり方には個人差があります。
たとえば弥音さんと螺々さんと紫苑さん、それぞれに個性があります。
しかし目的は皆おなじですので、あとは相性の問題ではないかと思うのです。
それぞれにきちんとしたスキルを渡してありますし、
彼女たちが日々、疑問に思うこと、壁に感じることなどには適宜応じて適切な答えを渡してあります。

 

それでも私とは違うのは否めません。
それはきっと、セッションを展開する上でのセンスの問題かなと思うのです。
あなたに対して、どう攻めていこうかと考えた際に、
それぞれの戦略が違うということだと思うのです。

 

この年齢になっても、このキャリアになっても、
求めてくださる方々が未だに後を絶たないというのは、
とても嬉しく思っております。
本当にありがとうございます。

 

ただ、私は私なりに、次のステップに進みたいのです。
もっと、このアナル開発を世界中に拡げるにはどうしたらいいのか、考えたいのです。
そして病気や体質が理由で開発が困難な方をスムーズに受け容れるにはどうしたらいいか考えたいのです。

本来こういったことは、私の仕事ではないのかもしれません。
私は開発職人として己の腕だけを磨く環境であればよかったと今でも思います。
でも、それをしてくれる方にご縁がありませんでした。
なので、私がやるしかないのだろうと思ったのです。

 

したがいまして、
今後の遥 美沙樹は、
「私でなければならない理由」をお持ちの方と、
「新しい開発方法を研究するための献体になってくださる方」のみ、
対応させていただく所存です。

 

お問い合わせはお気軽に。harukamisakixxx@gmail.com

 

どうぞご理解いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください